(not) HEROINE movies ノットヒロインムービーズ

作品選択

『わたし達はおとな』メイン画像 『わたし達はおとな』メイン画像

          (not) HEROINE movies ノットヒロインムービーズ
          第一弾作品
          『わたし達はおとな』
          2022年6月10日(金)、新宿武蔵野館ほか全国公開
          監督・脚本:加藤拓也
          出演:木竜麻生、藤原季節
          製作幹事:メ~テレ 配給:ラビットハウス
          宣伝:フィノー 製作プロダクション:ダブ
          2022年6月10日(金)、新宿武蔵野館ほか全国公開
          ©2021『わたし達はおとな』製作委員会
          
          (not) HEROINE movies ノットヒロインムービーズ
          第一弾作品
          『わたし達はおとな』
          2022年6月10日(金)、新宿武蔵野館ほか全国公開
          監督・脚本:加藤拓也
          出演:木竜麻生、藤原季節
          製作幹事:メ~テレ 配給:ラビットハウス
          宣伝:フィノー 製作プロダクション:ダブ
          2022年6月10日(金)、新宿武蔵野館ほか全国公開
          ©2021『わたし達はおとな』製作委員会
下へ

Trailers

  • 予告編
  • 予告編 主題歌Ver.

イントロダクション

圧倒的リアリティを突きつける若手演出家・劇作家の加藤拓也、長編デビュー作

今最も注目を浴びている演出家・劇作家の加藤拓也が満を持して長編映画監督デビューを飾る。イタリアで映像演出と演劇について学び、帰国後は「劇団た組」を立ち上げる。「平成物語」(18年/CX)、「俺のスカート、どこ行った?」(19年/NTV)など話題のテレビドラマの脚本を手掛け、「きれいのくに」(21年/NHK)では第10回市川森一脚本賞を20代で初受賞。今作はオリジナル脚本でリアリティという表現において、「映画」の新しい可能性を我々に突きつける傑作を生み出した。主演を務めるのは、瀨々敬久監督『菊とギロチン』(18)で映画初主演を果たし、同年の『鈴木家の嘘』(野尻克巳監督)でもヒロインに抜擢され、多くの映画賞を受賞した木竜麻生。共演は、近年『佐々木、イン、マイマイン』( 20/内山拓也監督)、『くれなずめ』(21/松居大悟監督)、『空白』(21/𠮷田恵輔監督)など話題作に出演し、唯一無二の存在感と比類なき演技力が評価される、藤原季節。

その他、菅野莉央、清水くるみ、森田想、桜田通、山崎紘菜ら、加藤監督が信頼する若手俳優陣が集結し、カメラの前に今を生きる若者達の姿がそのままに写し出されていく。

画像
画像
画像
画像

ストーリー

おとなになっていくわたし達の、ほんのひと時の、だけど永遠の─あの時。

大学でデザインの勉強をしている優実(木竜麻生)には、演劇サークルに所属する直哉(藤原季節)という恋人がいるが、ある日、自分が妊娠していることに気付く。悩みながらも優実は直哉に妊娠と、ある事実を告白する。直哉は将来自分の劇団を持ちたいと願っていた。現実を受け入れようとすればするほどふたりの想いや考えはすれ違っていく…。まるで隣の男女の生活を覗き見しているような不思議な映画体験で私達をスクリーンに釘付けにし、その切迫感と「圧倒的にリアリティのある日常」を突きつける本作。同じ時を過ごして、お互いを求めたあの時、そして今、お互いが分からなくなって…

過去と現在が行き来し、感情のグラデーションが胸に迫る、これまでに見たことのない恋愛映画が誕生した。

画像
画像

『わたし達はおとな』
公開決定コメント

木竜麻生

「"生活"や"暮らし"がそこにある」
「表と裏だけじゃなくて、もっといくつも面があるんだと思う」
加藤監督が言っていた言葉を心に書き留めて、相手と役と自分と向き合ってみた。
ある時、たくさんの人に守られているような初めての感覚の中で、見たことのない顔をした自分がいた気がしました。
あのアパートや道端、そしてそこのカフェ。あらゆるところにこの映画の中の人達がいるんじゃないか....そんな気がしています。

藤原季節

加藤拓也監督の書いた物語にこれまで多く参加してきたが、その度に文字通りボロボロになった。彼の脚本や芝居は、基本は技術的な積み重ねの上に成り立っているが、最後には激しくエモーショナルな部分で戦うことを自然に求められる。それでいつもボロボロになるわけだが、『わたし達はおとな』ではそのボロボロ具合がいつもとは比にならなかった。木竜麻生さん演じる優実と一緒に、傷つけ合ったり笑ったりしながら、この物語を駆け抜けた。優実がそこに存在していたということは、僕の癒えない心の傷がずっと証明している。

加藤拓也監督

演劇と映画は全く違いますし、自分が演劇で良しとしているものがどうすれば映像の中でもできるのかまだわかっちゃいませんが、今回は普段から一緒に演劇をやっている人達と稽古をして稽古をして、リテイクをしてやり込んだ結果の生感というもの、だからつまりライブ感ですよね。生イコール演劇ではございませんが、私達を通じて私達を見つめる、とにかく生活がそこにあると思える生活の映画が出来上がったのではないかと思っております。私達の生活を非日常で俯瞰して体験する、そんなことがテーマの映画です。一口にラブストーリーと言われてしまえばそれまでなのですが繰り返し言わせていただきますとこれは生活の映画なのです。ドキュメンタリーじゃないですよ。アドリブもないですよ。映画だから。